コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを作成することによって、検索順位の向上や集客を目指すSEO対策です。

コンテンツSEOが成功すれば、継続して検索流入が発生します。
その一方でコンテンツSEOは、コンテンツ制作やSEOに関する知識が必要で、正しい施策を行ったとしても効果が表れるまでには時間がかかります。

コンテンツSEOを行うのであれば、正しいやり方で継続して行うことが重要です。

本記事ではブログでコンテンツSEOを成功させる方法や具体的な記事の書き方を紹介していきます。

ブログで行うコンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを作成することによって、検索順位の向上や集客を目指すSEO対策です。

正しいコンテンツSEOを行えば、Googleのアルゴリズムから評価され、ブログの記事が検索上位表示される可能性があがります。

コンテンツSEOを行うには、良質なブログ記事の作成や更新が必要不可欠です。
コンテンツSEOには様々なやるべきことがあり、代表例には以下のものがあげられます。

  • ユーザーが本当に必要とする記事の作成
  • ブログの想定読者のニーズを満たすキーワードの選定
  • 表示速度の改善
  • タイトルや見出し、メタディスクリプションの設定

上記のとおり、コンテンツSEOはコンテンツの内容そのものだけでなく、表示速度の改善など技術的な要素も含まれます。
表示速度の改善は検索エンジンでの上位表示において、良い影響をもたらすからです。

このように検索順位を決めるGoogleのアルゴリズムとブログの読者両方にとって、質の高いコンテンツやブログを作成するのがコンテンツSEOにおいてもっとも重要な要素です。

ブログをコンテンツSEO化するメリット

ブログでコンテンツSEOを行うメリットはいくつかあります。

それぞれ確認していきましょう。

商品や会社をアピールしブランディングできる

質の高いコンテンツを作成し続けていれば、ブログの訪問者からの信頼を獲得できます。
例えば、ブログの訪問者が記事を読んだ後、以下の感想を持てば自社や商品、サービスのブランディングに繋がるはずです。

  • 必要な情報がたくさん載っていて役立つブログだ
  • まさに私の悩みを解決してくれる記事だ
  • 商品の特徴や使用方法がわかって購入前の不安を失くせた

このようにブログやコンテンツ作成を通じて、自社や商品、サービスのファン作りやブランディングを行うことも可能です。

営業支援になる

ブログでコンテンツSEOを成功させれば、Googleから評価され、検索上位に表示される可能性が高くなります。
狙ったキーワードで検索上位に表示できるようになれば、検索流入も増えます。

その結果自社の営業担当者が積極的に売り込みをしなくても、ブログ経由のお問い合わせや商品、サービスの購入が増えるでしょう。

特にコンテンツSEOでは、自社の商品やサービスをまだ知らない潜在ニーズに直接アプローチすることも可能です。

ブログ記事が資産になる

コンテンツSEOを活用して、作成した記事やブログはそのまま資産として残ります。

広告費の支払いをやめれば掲載が終了する広告とは違い、ブログの記事は自分で削除もしくは、サーバーやドメインの契約を終了しなければずっと残せます。

作成したコンテンツが資産として積みあがっていき、徐々に大きな効果を発揮するのがブログの魅力です。

ユーザーから紹介されやすくなる

ブログや記事の内容によっては、読者がSNSで拡散したくなるものもあるでしょう。
ブログや記事の読者に、SNS上で拡散をしてもらえれば、検索流入だけでなくSNSからの流入も狙えます。

SNS流入が増えることによるメリットは主に以下の通りです。

  • ブログや記事のアクセス数が増える
  • アクセス数が増えたことにより、お問い合わせや商品、サービスの購入数が増える
  • 自然な被リンクがもらえる
  • 認知度が上がりブランディングに繋がる

特に検索順位が決まるときに、被リンクの数は非常に重要です。
というのも、被リンクが増えればGoogleから「信頼できるブログだ」と評価され、ドメインパワーが上がります。
ドメインパワーが上がれば、ブログ全体や記事の評価も上がり、さらに検索上位表示が狙えます。

ブログをコンテンツSEO化するデメリット

ブログでコンテンツSEOを行う際には、いくつか知っておきたいデメリットもあります。
それぞれ確認していきましょう。

早期の直接的な効果が薄い

コンテンツSEOを行うには、非常に手間と時間がかかります。

ユーザーにとってもGoogleにとっても良質なコンテンツを作成するのには、ライティング力や発信する内容に関する知識が必要です。

例えば自社でオウンドメディアを制作しようとする場合、マーケティング担当者やIT関連の担当者が本来の業務の傍らで作業をしようとしても、記事執筆に時間が取れないケースが多いです。

ブログや記事作成を外注する場合、コストがかかりますし、外注先の選定作業も必要になります。

さらに良質なコンテンツの作成に成功したとしても、Googleからブログや記事の内容が評価されるまでに数ヶ月程度の時間がかかることが一般的です。

短期案で成果を出したい、と考えてしまうとブログやコンテンツSEOはなかなか上手くいきにくいのでご注意ください。

正確な知識がないと効果が出にくい

コンテンツSEOは、コンテンツ制作とSEO対策の両方の知識が必要です。

知識の薄い方がブログ記事をたくさん量産したとしても、Googleからの評価は得にくく、たくさん記事を書いたのに検索上位表示されないという事態に陥る恐れもあります。

コンテンツSEOを成功させたいのであれば、コンテンツ制作とSEO対策両方のノウハウを持つWeb制作会社を頼るのがおすすめです。

トモガラでは、ブログの立ち上げから記事作成、運用や保守までワンストップでサポート可能です。

自社のブログ立ち上げをご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

定期的なメンテナンスが必要

ブログや記事は一度作成すれば作業が完了するわけではなく、定期的なメンテナンスが必要です。
定期的なメンテナンスが必要な理由は、主に以下のとおりです。

  • 検索順位は常に変動している
  • 検索順位は相対評価によって決まる
  • 定期的にGoogleは検索順位の決め方をアップデートしている

ブログやオウンドメディアは、近年注目を集めており、ブログを立ち上げ検索上位を狙っている企業も多いです。

そのため、一度作成した記事を長い間更新しないでいると、他の記事に検索上位表示を奪われてしまう恐れがあります。

Googleの検索順位は相対評価によって決まるので、他のブログにもっと良い記事やユーザーの検索意図を満たす記事が現れれば、そちらが上位表示される可能性もあるでしょう。

また数ヶ月に1度くらいのタイミングで、Googleは検索順位の決め方を変更するアップデートを行っています。

Googleアップデートが起きると、これまでの検索順位がガラリと変わってしまうことも多く、それまで得ていた検索流入が激減してしまう場合もあります。

コンテンツSEOの具体的な方法4つ

最後にブログでコンテンツSEOを行うときの具体的なやり方を4つ紹介していきます。
コンテンツSEOの方法には様々なものがありますが、特に代表的かつ重要なものを確認していきましょう。

専門性を高める

コンテンツSEOを行うには、ブログ全体や記事単体の専門性を高める必要があります。
Googleは、信頼できる情報が掲載されているブログや記事を検索上位表示させる傾向が強いです。

実際にGoogleは検索順位を決定するときに、情報発信者やブログの以下の要素を重要視しています。

  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(TrustWorthiness)

これらの要素は、それぞれの英語表記の頭文字を取って、EATととも呼ばれています。
近年のコンテンツSEOでは、EATを意識して情報を発信していくことが重要です。

具体的には、ブログや記事のテーマに一貫性を持たせ、何について書いているブログかわかりやすくする工夫やブログの運営者情報を記載しておくことが大切です。

オリジナリティを出す

ブログや記事の検索上位表示を目指すには、誰でも調べたら書ける情報だけではなく、実際に体験した情報など、自分にしか書けない内容を発信する必要があります。

以前のコンテンツSEOでは、調べた内容をまとめあげるだけで、検索上位表示が狙えていました。
しかしインターネット上に多くの情報があふれかえる情報過多の時代になり、発信者の信頼性も重視される中、今後も記事のオリジナリティは重視される傾向が続くでしょう。
他の人が書いている情報をまとめただけのブログや記事を検索上位表示させても、検索エンジンの利用者にとって有益な情報を幅広く提供できるとは言えないからです。

ただしブログや記事のオリジナリティが大切であると意識するあまり、ブログの読者を置いてきぼりにしてしまうような独りよがりの記事は避けましょう。
オリジナリティで重要な要素は、記事の切り口や情報そのもののオリジナリティです。

ブログや記事を読んでくれる読者のことを第一に考えて、競合記事に書かれていないけれど、読者が求めている情報はないか考えていきましょう。

検索意図を盛り込む

ブログの記事を執筆するときには、想定読者の検索意図を盛り込む必要があります。
検索意図とは、検索エンジンの利用者がなぜそのキーワードを検索したか、キーワードの検索および記事を読むことによって何を解決したいのかを表しています。

例えば「東京都 イタリアン」で検索するユーザーは、東京都にあるおいしいイタリアンのお店を知りたいはずです。
そのため、「東京都 イタリアン」で検索上位表示を狙うのであれば、おすすめのイタリアンのお店情報を網羅した記事を書くことが求められるでしょう。

検索意図はユーザーの立場に立って予測することも大切ですが、検索上位表示を狙っているキーワードを実際に検索してみて、Googleが判断している検索意図を確かめるのも大切です。
記事を書く際には、検索上位表示を狙うキーワードで必ず検索して、上位表示されている記事を読むようにしましょう。

タイトル・メタディスクリプション・見出しの最適化

ブログの記事を書くときには、狙ったキーワードをタイトルやメタディスクリプション、見出しに含めるようにしましょう。
これらの要素に狙っているキーワードを含めると、Googleのアルゴリズムが何について書かれている記事が把握しやすくなります。

その結果、Googleに正しく記事の内容が評価され、検索上位表示される可能性が上がります。
また、タイトルやメタディスクリプション、見出しにキーワードが含まれている記事は、何について書かれているか読者にとっても一目でわかる読みやすい記事といえるでしょう。

まとめ

ブログでコンテンツSEOを行うのは時間と手間がかかりますが、一度書いたブログや記事は資産として積み上がっていきます。
そのため一度、コンテンツSEOが成功すれば、継続的な検索流入が獲得でき、ブログ経由のお問い合わせや商品、サービスの購入も増えるはずです。

コンテンツSEOを行うには、コンテンツ作成とSEOに関する知識が必要不可欠です。
また実際にコンテンツを作成するノウハウも必要になるでしょう。

コンテンツSEOを成功させたいのであれば、経験や実績豊富なWeb制作会社への依頼がおすすめです。
トモガラでは、ブログの立ち上げから記事作成、運用や保守までワンストップでサポート可能です。

自社のブログ立ち上げをご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。