採用サイトを運用する会社が多い一方で「思うような効果が出なかった」「優秀な人材を採用したい」といった悩みを抱える採用担当者の方も多いのではないでしょうか。

採用が特に重要な課題となっている企業では、採用サイトを効果的に運用することで求める人材の確保が期待できます。

この記事では、魅力的な採用サイトを作る上で気を付けるべきポイントをご紹介します。

なぜ採用サイトを作るのか

なぜ採用サイトを作るのか

会社の求める人材を採用するには企業理念や文化、そしてビジョンに賛同してもらい「自分が働くイメージ」を持ってもらえることが重要です。そこで、求人サイトだけでは伝えきれない情報を求職者に伝える手段のひとつとして採用サイトがあげられます。

しかし実際には「魅力的なキャッチフレーズ」や「綺麗ごとや曖昧な言葉」ばかり並べられ、漠然とした内容で働く自分をイメージを持ちづらい採用サイトが多いです。

採用サイトは求職者の目線に立ち、求職者の求める採用サイトである必要があります。

採用サイトを持つメリット

自社の採用サイトで情報を発信するメリットをご紹介します。

 

①自社の魅力を最大限伝えることができる

自社の魅力を最大限伝えることができる

一般的な求人サイトではデザインや文字数、写真の掲載枚数などに制限がある場合が多く、限られたテンプレートの中で企業の特徴をうまく伝えられないことがあります。

一方で採用サイトは独自のコンテンツを設定することができるため、デザインや表現方法に制約がありません。

「求職者が知りたい情報」をあらゆる観点で考え、多種多様なコンテンツを用意することができれば、求める人材からの応募が期待できます。

 

②求職者の不安を払拭することができる

求職者の不安を払拭することができる

採用担当者が思っている以上に求職者は不安を抱いており、企業の具体的な情報を知るために採用サイトを訪れます。仕事は人生を左右するため「自分が会社で働くイメージ」を具体的に作りたいと考えます。

「会社の雰囲気に馴染めるだろうか」「業務内容は自分のイメージと合っているだろうか」「労働時間や休暇のバランスはどうだろうか」「仕事と育児の両立ができる環境か」など、不安を抱えるポイントは人によって異なるため一人ひとりのニーズに応えると必然的に情報量も増えていきます。

採用サイトのコンテンツが充実していれば、応募の確率は高くなり、入社後のミスマッチも減らすことができると考えられます。

採用戦略のない間違った採用サイト

採用サイトは、求職者に向けて自由にコンテンツを発信することができます。その自由さゆえに、採用戦略を踏まえた正しい作り方をしないと無意味なコンテンツになってしまいます。

人材獲得のための採用サイトなのに「なかなか求人応募が来ない」「採用後のミスマッチが多い」というのは、誤った採用サイトを運用していることが原因かもしれません。

・企業側の一方的な思いばかり述べている

・デザインや演出などの見た目を重視している

・フリー素材を使っており現場の雰囲気が伝わりにくい

・ありきたりな文章ばかりで述べている

・選考基準が分かりづらい

こういった採用サイトでは求職者には響かず、貴重な人材を逃してしまいます。

採用サイトと求人サイト

求人サイトのコンテンツ例採用サイトのコンテンツ例
  • 求める人材
  • 企業理念
  • 代表メッセージ
  • 仕事紹介
  • 社員紹介
  • 募集要項
  • 業界解説
  • 社風や文化
  • キャリアパス
  • 社員インタビュー
  • 社風や文化
  • 採用担当者の声
  • 労働時間、休暇

 

求職者は企業とのやり取りを求人サイトを経由して行っている場合が多いため、採用サイトからのエントリーは増えなくても求人サイトからのエントリーが伸びたという事例は多数存在します。

採用サイトの段階で明確な情報発信をすれば求職者とのミスマッチが減り、企業をしっかり理解した上での応募が期待できます。

 

採用サイトに求められること

採用サイトでは①求職者に安心を与えるデザイン③他社とは異なる会社の魅力を伝えることが大切です。

求職者に安心感を与えるデザイン

安心感を与える採用サイトにおいて「デザイン」は重要な要素です。

具体的なペルソナ設定をした上で「そのターゲットが選ぶデザインは何か」を考えるとイメージしやすくなります。

写真やイラストも、可能な限りフリー素材ではなくオリジナルを用意し、クオリティの高いものを使用するようにしましょう。派手なデザインや演出をする必要はありません。

求職者が採用サイトに求めているのは娯楽ではなく情報です。

求職者にとって必要な情報を的確に見つけることのできる、分かりやすいUIデザインやビジュアルを意識することが重要です。

他社とは異なる会社の魅力を伝える

会社の特長がわかりやすく明確に伝わるコンテンツになっていますか?

他社と大きく違う「強み」や「こだわり」といった会社の魅力は、求職者にとって会社を知る上で非常に重要です。

しかし業界オンリーワンやナンバーワンといった大手企業でない限り、差別化できる強みを求職者にアピールするのは簡単ではありません。

そこで「社長の声」や「社員インタビュー」など、その会社で働く「ひと」にフォーカスするコンテンツが必要です。

エピソードを通じて社風が伝わり会社の魅力を伝えることができれば、他社との差別化をはかるポイントになります。

採用サイトの効果を達成するためのコンテンツ

魅力的な採用サイトにはどのようなコンテンツが必要でしょうか?

ここでは5つのコンテンツの例をご紹介します。

インフォグラフィックス

インフォグラフィックスとは、言葉や数字だけでは伝わりづらい情報をイラスト・チャート・グラフ・表などで表現したものです。

採用サイトでは売上状況や従業員数、年齢構成といった企業情報を掲載することがありますが、こういった統計データなどを文章に起こすと、求職者にとっては非常に読みづらい内容となってしまいます。

内容をインフォグラフィックとしてデザインすることで、文章だけでは読んでもらえないものを視覚的に認識することができます。

インフォグラフィックス

社員インタビュー

求職者が会社で働く自分の姿を想像するために読むコンテンツのひとつが「社員インタビュー」です。リアルな現場の情報をなるべく具体的に伝えることができれば、求職者の不安が払拭され応募に繋がります。

しかし求職者はすでに何社もの採用サイトを訪れ、同様のコンテンツを読んでいます。

内容を詰め込み過ぎてメッセージが分からなくなってしまうと記憶に残らない可能性もあるので、伝えたい内容を明確にすることが大切です。

その上でデザインの選定、記事のライティングなども重要なポイントです。

社長メッセージ

企業の社長メッセージを採用サイトに掲載する場合は、一方的な文章ではなく「社長から求職者の方に向けたメッセージ」として求職者に語り掛けるような内容であることが重要です。

自社のアピールを社長自らが行うことで、社長の人間性や事業にかける思いを伝えることができ、会社の雰囲気や社長の人間性も伝わります。

求職者にとって社長の人柄や会社を具体的にイメージできるような内容であることが大切です。

求める人物像

よくあるのは「リスクを恐れず何事にも挑戦する人」「明るく向上心のある人」といった、会社にとって都合の良い人物設定です。このような人材はどの企業も求めていますし、似たような情報では大手企業に流れてしまいます。

企業にはさまざまな部門が存在します。その中で求める人物像というのは適材適所で異なるはずです。採用戦略として組織の特性や事業計画をしっかりと洗い出し、リアリティのある人物像を掲載するのが望ましいです。

採用担当者の声

採用担当者の声は選考基準とも言えますが、これを掲載することは採用戦略において重要なポイントです。

会社の選考基準は、真面目に働きたいと考える求職者にとって知りたい情報であることは間違いありません。

選考基準を公開した上で選考基準に乗らずに応募してくる人は「会社のことを良く調べずに応募している」といった判断基準にもなります。

選考基準に合わせて行動できる人は、働く上でも事前準備や対応ができるという判断ができます。

まとめ

採用サイトの大きなメリットは、会社独自のコンテンツで特徴や強みを求職者にアピールできるという点です。採用サイトを最大限活かすためには、企業の採用戦略をしっかりと検討した上で、一つひとつのコンテンツやデザインを決めなければなりません。

求人サイトと同じような内容であれば採用サイトに訪問する価値はなく、採用サイトをもつメリットはないでしょう。

これまでに述べてきたように「求職者が求めている情報」を第一に考え「入社後の自分がイメージでき、より志望度が上がるコンテンツ」の作成を心がければ、おのずと魅力的な採用サイトになります。

当社は、求職者のニーズを捉えることができるコンテンツ作りのプロとしてサポートしていますので、お気軽にご相談ください。