コーポレートサイト制作を検討しているけど、何を意識して制作すれば良いのか分からなくて、悩んだ経験はありませんか。

現代はコーポレートサイトを運営する企業も多く、流れに合わせてサイト制作するだけでは、物足りないと感じてしまいますよね。

今回は上記の悩みを解決するために、コーポレートサイト制作の意義やホームページやサービスサイトなどの違い、コーポレートサイト制作で得られるメリット、制作時のポイントについて解説していきます。

本記事を参考にして、企業に最適なコーポレートサイト制作を始めましょう。

コーポレートサイト制作の意義

コーポレートサイト制作の意義として、

  • 企業におけるWeb上のパンフレット
  • 企業の存在意義を表現し、信頼とファンを増やす
  • 投資家へ企業価値を伝えられる

    があります。

    企業におけるWeb上のパンフレット

    コーポレートサイトの運営は、企業におけるWeb上のパンフレットの提供につながります。

    コーポレートサイトは「企業の顔」として広報の役割を担っており、幅広い人へ瞬時に情報提供ができるからです。

    また、企業に興味を持っている人が高確率でチェックしている、重要な顧客接点とも考えられます。

    具体的には、株主や求職者、顧客、メディア関係者をはじめ、様々なステークホルダーが訪問します。

    上記の理由から、企業の公式情報について、広範囲かつ最新の情報を掲載し、Web上で自社の有益な情報を瞬時に共有できるパンフレットです。

    企業の存在意義を表現し、信頼とファンを増やす

    コーポレートサイトで企業の存在意義を表現すると、信頼を得られてファンを増やすきっかけになります。

    経営者の想いや実現したい社会、自社の事業内容について知ってもらうことで、共感を得たユーザーに興味を持ってもらえるからです。

    例えば、企業の実態について把握している人でも、コーポレートサイト内に掲載されている笑顔の従業員の姿を見ることで、親しみを感じやすくなることも多くあります。

    コーポレートサイト運営を通して、信頼度やファンの増加が期待できます。

    投資家へ企業価値を伝えられる

    コーポレートサイト運営を通して、株主や投資家向けに企業価値を伝えることができます。

    株主や投資家はコーポレートサイトを定期的にチェックし、確認後に自社に対しての出資の有無を検討することが多いからです。

    財務や業績に関する情報だけではなく、企業理念や経営方針、市場動向などを始めとした非財務情報をもとに、企業の成長性や経営陣への信頼度、投資後の将来性を判断しています。

    投資家へ企業価値や魅力を分かりやすく発信し、信頼が得られるコーポレートサイトを目指しましょう。

    コーポレートサイトと各サイトにおける違い

    コーポレートサイトと各サイトにおける違いについて、解説していきます。それぞれの違いを理解することで、意義のあるコーポレートサイト制作を実現しましょう。

    ホームページとコーポレートサイト

    ホームページとコーポレートサイトは、厳密には意味が異なります。ホームページが「Webサイトにおけるトップページを指す」場合と、「Webサイト全体を指す場合」で解釈が分かれるからです。具体的には、後者の「Webサイト全体を目指す場合」の意味と考えるなら、コーポレートサイトがホームページの一部といった認識となります。それぞれの定義について、理解を深めておきましょう。

    サービスサイトとコーポレートサイト

    サービスサイトは、独立したページで自社サービスについて紹介しているWebサイトです。

    独立して商品やサービスについて掲載することで、 見込み顧客をターゲットとした集客が可能となり、自社の商品やサービスのサービス理解を高められ、購入に繋げることができるからです。

    また、特定の商品名やサービス名で検索した顧客に、ダイレクトにサービスサイトへの誘導ができます。

    例えば、コーポレートサイトは自社サービスに興味を持った人だけではなく、求職者や株主、投資家などもターゲット層として生まれています。

    対して、サービスサイトは企業には成長しているサービス特化型サイトとなり、購入へのアクション率が高い顕在顧客を中心に集められます。

    もちろん、コーポレートサイト内にサービスサイトを含めたサイト構造もありますが、別々にしておくことで、各サイトの目的を達成しやすいのがメリットです。

    ECサイトとコーポレートサイト

    ECサイトの目的は商品の販売で、コーポレートサイトの企業情報の提供とは意義が異なります。

    ECサイトは自社サービスや商品を購入してもらえる店舗の役割を担っており、企業の顔と言われるコーポレートサイトと制作目的が異なるからです。

    また、「ECサイトとコーポレートサイトを分ける企業」と、「2つのサイトを統合する企業」に分かれているのも特徴的です。

    なぜなら、分けて運営するなら商材に合致したユーザーに限定したアプローチ、統合する場合は商品イメージが企業のPRに繋がるなど、各形態で得られるメリットが異なるからです。

    各サイトの意義を事前に理解しておくと、ユーザビリティを高めるサイト構造を実現できます。

    採用サイトとコーポレートサイト

    採用サイトとは、別サイトで製作された採用に特化しているWebページです。

    コーポレートサイトと一緒に、求人情報が掲載されている統合型サイトもありますが、分けておく方が、ニーズに最適な人材をマッチングしやすくなります。

    例えば、あるユーザーのコーポレートサイトへのアクセス目的が「取扱商品やサービスについて調べたい」といった場合に、企業の採用情報について掲載していても、「需要と供給のズレ」が生じ、高い効果を見込めません。

    目的別にサイトを分けておくことで、求めている情報を瞬時に受けとれる環境作りにつながります。

    オウンドメディアとコーポレートサイト

    オウンドメディアは、 自社運用で提供しているWebマガジンやブログを意味する「狭義の定義」と、コーポレートサイトや採用サイト、SNSなど自社運用する全てのメディアをオウンドメディアと位置づける「広義の定義」のどちらかの意味で捉えられています。

    狭義の定義上は、コーポレートサイトと区別されている言葉です。

    オウンドメディアは長期的な運用で集客を図り、「企業の抱えている事業や採用課題を解決すること」に向けてピンポイントで情報を発信できます。

    「広義の定義」と「狭義の定義」の違いを理解することで、制作意義が明確なコーポレートサイト作成を目指すことができます。

    コーポレートサイト制作で得られるメリット

    コーポレートサイト制作で得られるメリットとして、

    • 企業ブランディングにつながる
    • ビジネスチャンスを獲得しやすい
    • ユーザーへのサポートがスムーズに実現できる

      があります。

      企業ブランディングにつながる

      コーポレートサイト制作を通して、企業ブランディングにつなげることができます。

      コーポレートサイトに掲載する情報をもとにして、企業のイメージを決定づけることができるからです。

      具体的には、外部への企業ブランディングだけではなく、企業の目指す方向性を明確にすることで、従業員の労働意欲やモチベーションアップなどインナーブランディング効果が得られます。

      企業ブランディングに積極的に取り組むことで、企業内外へ良い影響を与えましょう。 

      ビジネスチャンスを獲得しやすい

      コーポレートサイトの制作で会社の存在意義が明確になり、ビジネスチャンスを獲得しやすくなります。

      ほとんどの企業が取引先や発注先を選定する際に、 Googleを始めとした検索エンジンを活用しリストアップするからです。

      定期的に情報更新しているコーポレートサイトは、信頼されやすくなるだけではなく、思わぬビジネスチャンスを引き寄せる可能性もあります。

      コーポレートサイトは、有益な情報発信ツールとして広報的な要素を持っているため、「サイトから問い合わせがきっかけとなり、業務提携決定した」ということも、決して珍しくはありません。

      コーポレートサイト運営を通じて働きかけ、ビジネスチャンスを呼び込みましょう。

      ユーザーへのサポートがスムーズに実現できる

      コーポレートサイトを運用することで、ユーザーへのサポートがスムーズに実現できます。

      インターネットが普及する以前は、会社へ問い合わせができる手段として電話が主であり、社員が直接電話に出ることで、問い合わせ対応を実施していたからです。

      しかし、現代は商品やサービスに関する疑問点を感じた際は、最初にインターネットで解決方法を探すのが、一般的となっています。

      例えば、「よくある質問」や「マニュアル」、「お問い合わせフォーム」を設置すると、ユーザーが抱えている悩みを瞬時に解決することができます。

      他には、コーポレートサイトでのサポート体制を事前に整えておくと、ユーザーの満足度が高まり、電話対応にかかるコスト軽減が可能です。

      良質なコーポレートサイト制作を始める際の重要ポイント【3選】

      良質なコーポレートサイト制作を始める際の重要ポイントとして、

      • コーポレートサイトと他サイトを分けるメリットを考える
      • シンプル構造のサイト設計を心掛ける
      • 初心者はWeb制作会社への依頼を検討する

        があります。

        コーポレートサイトと他サイトを分けるメリットを考える

        コーポレートサイトと他サイトを分けるメリットを深堀りしておくと、良質な企業向けサイトを運営することにつながります。

        複合的な意図でサイト制作を実施すると、ターゲット層へのアプローチが不十分に終わる可能性があるからです。

        いくつかのサービスを運営している場合、各サービスでターゲットに設定している客層が異なることがあります。

        例えば、新卒者向け採用サイトは若年者、調理器具や調味料などを販売しているECサイトは主婦層といったように、同一企業内のサービスでも内容やターゲットにズレが生じます。

        サービスごとで最大限の結果を引き出したいなら、各サイトで分けて制作しましょう。

        シンプル構造のサイト設計を心掛ける

        シンプル構造のサイト設計を心掛けると、読者が知りたい情報に辿り着きやすくなります。

        情報が整理されていないサイトは、ページ数が増加しすぎて必要な情報を探しにくくなるからです

        具体的な改善策として、「自社の強み」や「企業の運営目的やゴール」を明確化すると、最優先の情報を掲載しているコーポレートサイト制作が達成しやすくなります。

        また、目的の明確化で他社との差別化を図ることができ、企業ブランディング効果も高められます。

        シンプル構造のサイト設計を意識し、賃貸情報が得られるコーポレートサイトを目指しましょう。

        初心者はWeb制作会社への依頼がおすすめ

        社内でコーポレートサイト制作に関する経験を有した人材がいない場合、Web制作会社に依頼することも一案です。

        Web制作会社は、Webサイトのデザインや機能だけではなく、「成果につながるサイト制作」のプロフェッショナルなため、安心して依頼できるからです。

        現在はWeb制作サービスやツールが提供されているため、「ある程度クオリティがあるサイト」は比較的簡単に制作できます。

        しかし、企業の徹底した広報活動やビジネスチャンスの拡大などの目標達成を意識するなら、Web制作会社に依頼することで、良質なコーポレートサイト制作が可能です。

        自社の事業分野でコーポレートサイト制作実績がある会社の中で、口コミや制作事例を参照して決定するとミスマッチを予防できます。

        まとめ

        今回は、コーポレートサイト制作の意義、ホームページやサービスサイトなどの違い、コーポレートサイト制作で得られるメリット、制作時のポイントについて解説しました。

        時代の流れに合わせてコーポレートサイト制作を実施するだけではなく、計画や目的に合わせたサイト構造を構築することで、良質な企業ブランディングを実施することにつながります。

        本記事で取り上げた内容を参考にして、理想のコーポレートサイト制作を始めてみましょう。